うどん好きにお勧め!秋田寛文五年堂の稲庭手綯うどん 

うどんが嫌いな人っているのかな?我が家は揃って麺好き、うどん好きです。
夫は讃岐うどん派なのですが、私と子供は断然この「鯔庭うどん」が大好き。
最初は知人からのお歳暮で頂いたのですが、以来すっかりはまってしまい在庫を切らした事がない程のファンになってしまいました。

 

まず家庭用としてリピートしているのが「切れ端麺」です。
製造過程でどうしても出てしまう切れ端を集めた物で、400gx5袋入り
20食分も入っていてお得です。長さや太さが不揃いですが、味は変わらず
見た目だけの問題なので家庭用はこれで十分なので重宝しています。

 

ご贈答用としては、用途に合わせて価格帯も色々ありますが、喜ばれているのはつゆ入りのセットです。日本人にうどん嫌いはいないだろう、と勝手に決め付けているので我が家の贈答の基本はこの鯔庭うどんです。

 

肝心の味についてですが、つるんとした舌触りと独特の甘みがある平たい麺は、驚くほど色んな作り方にマッチします。
我が家では夏は冷やしで、なめこおろし、紫蘇、梅干などを入れてさっぱりと、冬場は鍋に入れて煮込んだり、あんかけにしてみたり、すき焼きの〆は必ずこのうどんが登場します。

 

職人さんによる完全手作り、材料も小麦粉と塩のみで安心。
数々の工程を経て完成まで3日かかるというから驚きます。
商品名にもある、手綯(てない)とは工程の中で網を綯うように一本一本捻りを入れていく事からきているのですが、この工程があるからこそ、独特の舌触りや風味が出てくるのだと思います。

 

お歳暮やお祝い、ちょっとした手土産にも必ず喜ばれているのでお勧めです。

麺類