サブカードにおすすめなライフカード

ライフカードには年会費無料のライフカード、学生専用ライフカード、リボ払い専用ライフカード、ライフカードゴールドなどいろいろな種類があります。
サブカードとしてピッタリなのが年会費無料のライフカードです。

 

このライフカードには他のクレジットカードではあまり見られない誕生月3倍のポイント還元が受けられると言うメリットがあります。
そのため欲しい商品があっても誕生月が来るまで待って購入しています。

 

年間50万円の利用でスペシャルステージ、年間200万円の利用でプレミアムステージへとステップアップします。
スペシャルステージでは1.5倍、プレミアムステージでは2倍ポイントが貯まります。
しかしサブカードでこの金額をクリアするのは難しいです。

 

その他にもポイントには有効期限がありポイント繰越手続きを行わないと失ってしまうと言うデメリットがあります。
旅行が好きと言う方におすすめなのが旅行傷害保険付きのライフカードです。

 

海外旅行なら最高2,000万円、国内旅行なら最高1,000万円の保証が受けられるため、万が一のことがあっても安心です。
他のクレジットカードでは利用付帯と言うことがありますが、ライフカードなら自動付帯です。

 

カードを持っているだけで旅行傷害保険に加入した状態となります。
その代わりに次年度から年会費1,250円かかります。
ライフカードゴールドなら最高1億円の旅行傷害保険となります。

 

しかし年1万円とゴールドカードならではの年会費がかかると言う点には注意して下さい。

お得な特典満載で年会費無料のエポスカード

エポスカードを持っているとさまざまな特典がありますが、年会費は永年無料でETCカードも年会費無料となっています。ですからエポスカードを作ってもし使わなかったとしても、まったく損をすることはありません。

 

カードを作るために書類を書くのは面倒なものですが、エポスカードはパソコンやスマホから24時間いつでも都合がいい時に申し込みの手続きをすることができます。申し込み当日か翌日にメールで審査の結果が届き、マルイ店舗のエポスカードセンターに行けば、最短でその日のうちにカードを受け取ることも可能です。入会特典として、2,000円分のクーポンを受け取れるのもうれしいですよね。

 

エポスカードは200円につき1ポイントがつきますが、見逃せないのがエポスカード会員限定の「マルコとマルオの7日間」です。1年に4回ある「マルコとマルオの7日間」にマルイでエポスカードを使って買い物をすれば、10%オフになるのでとてもお得なのです。わざわざ店舗まで行かなくても、マルイのネットショップ「マルイウェブチャンネル」でエスポカードで買い物をしても10%割引が利用できます。

 

他にもファミレスのロイヤルホストで会計の時にエポスカードを提示すれば10%オフになったり、イオンシネマやシネプレックスを利用するときにエポトクプラザからチケットを購入すれば500円割引になるなど、たくさんの特典があります。またエポスカードには海外傷害保険が自動付帯されています。傷害治療費用が最高限度額200万円と手厚いので、海外旅行によく出かける人にもおすすめのカードです。

三井住友VISAカードは信頼性が高く安定している

日本で使えるクレジットカードの中でも、一番安定しているとされるのが三井住友VISAカードです。信頼性が高いとされていて、安定しているカードとして多くの方に利用されています。

 

知名度の高さもありますが、何と言っても海外で利用できるカードとして活躍してくれます。クレジットカードの中には、海外の通販では対応しないとか、海外で使っても対応できないブランドもありますが、世界で有名なVISAのブランドを持っているカードですので、どこでも利用することができます。

 

決済などを行った場合は、WEBの利用明細を見れば情報を見ることができます。この明細は信頼できるものとされていて、非常に細かい情報まで書かれています。今まで必要とされていた情報をネットで見られる他、紙で送られてきたものがネット上で全て確認できるために、負担を軽減できます。気軽に明細を確認して、使っている金額をある程度把握できるようになっているのが大きなポイントです。

 

三井住友VISAカードは、年会費の必要なカードの1枚となります。クレジットカードには年会費を必要としていないカードも多くなっていますが、セキュリティなどを考慮してお金を取るようにしています。少しこの部分は残念かもしれませんが、三井住友VISAカードは信頼度が高く、不正利用についてもしっかり対応してくれます。

 

困っている時に相談しやすいなどの良さも持っているために、三井住友VISAカードは持っていることの安心感があります。

ビットコインの両替もできるようになったマネパカード

マネパカードは、Zaifというビットコイン取引所と提携しています。そのため、ビットコインで得た利益を両替して、マネパカードに簡単にチャージすることができるんです。

 

しかも、手続きの際には、手数料はかかりません。もちろん、入会金や管理費もかかりません。海外旅行だけでなく、海外のオンラインショッピングでもマネパカードがあればスムーズに決算することができます。マネパカードとZaifを連携させるためには、Zaifのアカウントが必要になります。

 

Zaifのアカウントにログインをして、簡単に手続きを行うことができます。両替手続きは、24時間いつでも利用することができますが、チャージは1日に1回までで、チャージ上限は10万円までとなっています。

 

また、チャージされるのは、平日の11時59分までに手続きを行った分を当日分とし、12時以降に依頼した分は翌日として処理されます。マネパカードは、マネーパートナーズに口座開設をしている人が、FXなどで得た利益を両替するのに非常に有利なカードとして知られていますが、ビットコインも両替することができるようになって、更に利便性を増しました。

 

為替の値動きを確認したうえでビットコインから両替することができるので、銀行などで両替するよりも非常にお得です。最大で50万円まで補償してもらえる保険も付いているので、海外旅行でトラブルに遭っても買った商品の代金が補償されるので、安心してお買い物を楽しむことができます。

年会費無料のYahoo!カード

Yahoo!カードは、まず年会費が無料なのがポイントです。

以外と年会費無料となっていても、実は初年度だけ無料となっているという所もあります。しかし、Yahoo!カードはずっと年会費が掛からないので嬉しい限りです。

 

そして、Tポイントが貯まりますが、ファミリーマートや薬局など、今はTポイントが貯まるお店が至る所にあります。常に会計の時に、Tポイントカードだけを出すという煩わしさから解放されます。

 

Yahoo!カードと一体化しているので、利便性も高くなるのが良いです。このYahoo!カードでのちょっと残念かなという点は、デザインだと思います。

 

デザインが、とてつもなく可愛らしくありません。よく言えば、あっさりしているデザインですが、Yの文字が目立ち過ぎていて、何だか少し恥ずかしい気もします。カードを作る際、新規入会特典として、ボーナスポイントもかなり高く付けてくれていますから、年会費も無料ですしお得感は高いと思います。

 

申し込みをして、約一週間程度でカードが手元に届くので、早々にカードを利用出来るのも有り難いです。Tポイントが貯まりますし、1ポイントでもさっさと貯められる方が利用する側としては嬉しいと思います。

 

ヤフオクやヤフーショッピングを利用しているのならば、逆にこのYahoo!カードを持っていなければ、勿体ないです。かなりポイントが貯められるので、常にこのカードで決済するのがお勧めです。ネット社会ですし、お得なカードは上手く使いこなしたいものです。

海外でお金の管理が格段に便利になるプリペードカード

海外に行く際に意外と頭を悩ませてしまうのが所持しているお金の管理です。慣れない土地だからこそなるべく大金は持ち歩きたくないけれども、だからといって何かあったときにお金を持っていないと困った事態になってしまう、ではどうしようかと考えてしまいます。

 

現金を持って行きたくないのでクレジットカードを支払いのメインに利用しているというかたも多いのですが、その場合は盗難やスキミング被害が心配です。そんな悩みに対応してくれていると昨今人気になっているのが、海外トラベルプリペードカードとなっています。

 

プリペードカードですので、クレジットカードやデビットカードのように銀行口座に入っているお金を引き落として利用するというものではありません。前もってチャージをしてカードに入れておいた金額分だけ利用をすることができます。その範囲内であればクレジットカードのように各種ショップで支払いに利用できますし、ATMから現金を引き出すことも可能です。

 

ただし、便利なカードですが、チャージできる金額に限度が設けられていることから大きな買い物に向いていないこと、一回の引き出し金額に制限が設けられていること、年間追加入金にも制限がある点は注意をしてください。

 

そんな海外トラベルプリペードカードの中でもおすすめなのが、国内でのカード利用も可能となったマネパカードです。円高時に入金してお得に利用することができ、海外で使い切れなかったチャージしたお金も清算せずに国内で使える利便性のよさで支持を集めています。16歳以上ならどなたでも無料で作れますので、持っておいて損はありません。

リクルートカードの特徴は?

数あるクレジットカードの中でも、ちょっとカードに詳しい人からは還元率の高さで有名なクレジットカードがあるんですが、ご存知ですか?

 

それは、リクルートカードです。国際ブランドは三菱UFJニコス株式会社が発行するVISA・Mastercardと株式会社JCBが発行するJCBがあり、いずれも年会費は無料です。家族カードも年会費無料で作れるほか、旅行傷害保険が海外の場合最高2,000万円、国内の場合最高1,000万円、ショッピング保険が海外・国内ともに200万円付いています。

 

でも一番のポイントは、何といってもポイント還元率が1.2%ということ。年会費無料のカードはほかにもありますが、リクルートカードはちょっと上をいっているのでポイントがとても貯まりやすいんです。

 

リクルートカードは、じゃらん・ポンパレ・ホットペッパービューティー・ホットペッパーグルメなどのほか、携帯や光熱費などの公共料金の支払いをカード払いにしてもポイントの還元が受けられ、しかも貯めたリクルートポイントはPontaポイントとの交換が可能になっており、ポイントの使い道がとても広いんです。

 

カードの使い過ぎが心配だという人には限度額設定の利用もできますし、キャッシング機能が必要ないならキャッシングなしを選ぶことも可能と、至れり尽くせりのカード。デメリットがあるとすれば、リクルートのサイト利用の少ない人にとってはいくら高還元率とは言ってもあまりメリットがないということくらいでしょうか。

 

逆に言えば、リクルートのサイトを頻繁に利用する人には最適のカードとも言えるわけで、そういう人にはぜひ選択肢のひとつに入れてもらいたいカードです。

コンビニでポイントを貯めやすいクレジットカード

普段毎日のように利用する人も多いコンビニですが、小銭だからと言って現金で払っている人も多いと思います。現金払いでもポイントカードは貯まっていきますが、より多くのポイントを貯めるためにもクレジットカードを利用しましょう。支払いを現金払いからクレジットカードにするだけで、ポイントがどんどん貯まっていきます。

 

殆どのコンビニはクレジットカードに対応しています。大手のコンビニでは主要な国際ブランドの殆どに対応しているため、どのクレジットカードを利用していても使うことが出来ます。またクレジットカードは電子マネーと違いチャージが必要にならないため、使う際にいちいち残高を確認せずとも気軽に使うことが出来ます。

 

では、どのクレジットカードがコンビニのポイントが貯まりやすいのでしょうか。やはり一番はそのコンビニのグループが発行しているクレジットカードです。セブンイレブンでは、セブン&アイグループが発行しているセブンカード、ファミリーマートではTカードと一体になったファミマTカードなどとコンビニごとにお得なクレジットカードが違ってきます。

 

クレジットカードを選ぶ際には、自分がどのコンビニを一番利用するのかも考えてみるといいでしょう。特に上記のものはクレジットカードに加えて、コンビニのポイントカードとしての機能も備わっているため、支払いの際にわざわざポイントカードを出す必要もなくなり、二重にポイントを貯めることが出来ます。

JALのCLUB-Aカードがオススメ

航空系カードならJALカードかANAカードですが、JALカードならCLUB-Aカードがオススメです。ここカードは年会費が10800円と少し割高ですが、マイルは25%プラスされますし海外旅行保険も普通のカードよりもしっかりカバーされています。JALを頻繁に利用する人はこれがオススメです。このCLUB-AカードはVISAとJCBとマスターカードの3種類で作ることができます。またその上のゴールドカードは年会費が17280円です。

 

一方、ANAカードは普通カードに加えてワイドカードというものがあります。これもJALのCLUB-Aと同じく25%プラスされますが、年会費は7800円と割安です。またゴールドカードは年会費が15000円になります。

 

出張で飛行機を頻繁に利用する人はJALとANA両方利用する人が多いので、2枚作っておくことがオススメです。JALを主に利用してANAはあまり利用しないという人は、JALのゴールドもしくはCLUB-Aを作って、ANAは普通カードを作るのがオススメです。一方、ANAをメインに使うという人はワイドカードかゴールドカードを作りJALは普通カードを作りましょう。こういう風に2枚持っている人はたくさんいます。

 

ショッピングでも当然マイルはたまりますので、ショッピングをするときにはこのクレジットカードで決済するとどんどんマイルがたまっていきます。このマイルを使ってビジネスクラスで旅行したりたくさんたまるとファーストクラスに乗れることもありますので、頑張ってたくさんマイルを貯めましょう。

私がイオンカードを作ったきっかけ

家の近所にイオンというお店ができたことが、私とイオンカードとの関係のきっかけでした。それまでにもイオンカードの存在はCMやネット広告で目にして認識してはいたのですが、近場にイオンがなかったので、どうにも必要性を感じなかったのです。

 

イオンの買い物でなくても、イオンカードはクレジットカードとして対応のお店で使用できることは理解していたものの、還元率が特別高いわけではなかったので魅力には思いませんでした。

 

そんな冷めた気持ちがイオンの登場で、180度変わったのです。なにせイオンでの買い物ならお客様感謝デーで支払いそのものが5パーセントオフ、優待パスポートも活用でき、電子マネーで便利にポイントを貯められてるときていますから、これは利用しない手もないというものです。年会費がかからないというのも、利用してみようかなと思えた一因でした。

 

そうしてイオンでの買い物に日常的に使ってみると、やはりイオンカードは便利なカードだなとわかります。食料品では、イオンカードでの購入で一気に何十ポイントとつく商品が地味にあったりしますし、その他にもイオンでの買い物が楽しくなる特典がたくさん見られるのが嬉しいです。イオンカードを作ってから、日用品から洋服から多くの物をイオンで購入するようになりました。

 

ただイオンの中から出ると、他に魅力的なクレジットカードがたくさんあるので、それほど使う気にはなれません。イオンカードはイオンでの買い物を良くする人だけに、メリットの多いカードだと感じます。