リクルートカードの特徴は?

数あるクレジットカードの中でも、ちょっとカードに詳しい人からは還元率の高さで有名なクレジットカードがあるんですが、ご存知ですか?

 

それは、リクルートカードです。国際ブランドは三菱UFJニコス株式会社が発行するVISA・Mastercardと株式会社JCBが発行するJCBがあり、いずれも年会費は無料です。家族カードも年会費無料で作れるほか、旅行傷害保険が海外の場合最高2,000万円、国内の場合最高1,000万円、ショッピング保険が海外・国内ともに200万円付いています。

 

でも一番のポイントは、何といってもポイント還元率が1.2%ということ。年会費無料のカードはほかにもありますが、リクルートカードはちょっと上をいっているのでポイントがとても貯まりやすいんです。

 

リクルートカードは、じゃらん・ポンパレ・ホットペッパービューティー・ホットペッパーグルメなどのほか、携帯や光熱費などの公共料金の支払いをカード払いにしてもポイントの還元が受けられ、しかも貯めたリクルートポイントはPontaポイントとの交換が可能になっており、ポイントの使い道がとても広いんです。

 

カードの使い過ぎが心配だという人には限度額設定の利用もできますし、キャッシング機能が必要ないならキャッシングなしを選ぶことも可能と、至れり尽くせりのカード。デメリットがあるとすれば、リクルートのサイト利用の少ない人にとってはいくら高還元率とは言ってもあまりメリットがないということくらいでしょうか。

 

逆に言えば、リクルートのサイトを頻繁に利用する人には最適のカードとも言えるわけで、そういう人にはぜひ選択肢のひとつに入れてもらいたいカードです。

コンビニでポイントを貯めやすいクレジットカード

普段毎日のように利用する人も多いコンビニですが、小銭だからと言って現金で払っている人も多いと思います。現金払いでもポイントカードは貯まっていきますが、より多くのポイントを貯めるためにもクレジットカードを利用しましょう。支払いを現金払いからクレジットカードにするだけで、ポイントがどんどん貯まっていきます。

 

殆どのコンビニはクレジットカードに対応しています。大手のコンビニでは主要な国際ブランドの殆どに対応しているため、どのクレジットカードを利用していても使うことが出来ます。またクレジットカードは電子マネーと違いチャージが必要にならないため、使う際にいちいち残高を確認せずとも気軽に使うことが出来ます。

 

では、どのクレジットカードがコンビニのポイントが貯まりやすいのでしょうか。やはり一番はそのコンビニのグループが発行しているクレジットカードです。セブンイレブンでは、セブン&アイグループが発行しているセブンカード、ファミリーマートではTカードと一体になったファミマTカードなどとコンビニごとにお得なクレジットカードが違ってきます。

 

クレジットカードを選ぶ際には、自分がどのコンビニを一番利用するのかも考えてみるといいでしょう。特に上記のものはクレジットカードに加えて、コンビニのポイントカードとしての機能も備わっているため、支払いの際にわざわざポイントカードを出す必要もなくなり、二重にポイントを貯めることが出来ます。

JALのCLUB-Aカードがオススメ

航空系カードならJALカードかANAカードですが、JALカードならCLUB-Aカードがオススメです。ここカードは年会費が10800円と少し割高ですが、マイルは25%プラスされますし海外旅行保険も普通のカードよりもしっかりカバーされています。JALを頻繁に利用する人はこれがオススメです。このCLUB-AカードはVISAとJCBとマスターカードの3種類で作ることができます。またその上のゴールドカードは年会費が17280円です。

 

一方、ANAカードは普通カードに加えてワイドカードというものがあります。これもJALのCLUB-Aと同じく25%プラスされますが、年会費は7800円と割安です。またゴールドカードは年会費が15000円になります。

 

出張で飛行機を頻繁に利用する人はJALとANA両方利用する人が多いので、2枚作っておくことがオススメです。JALを主に利用してANAはあまり利用しないという人は、JALのゴールドもしくはCLUB-Aを作って、ANAは普通カードを作るのがオススメです。一方、ANAをメインに使うという人はワイドカードかゴールドカードを作りJALは普通カードを作りましょう。こういう風に2枚持っている人はたくさんいます。

 

ショッピングでも当然マイルはたまりますので、ショッピングをするときにはこのクレジットカードで決済するとどんどんマイルがたまっていきます。このマイルを使ってビジネスクラスで旅行したりたくさんたまるとファーストクラスに乗れることもありますので、頑張ってたくさんマイルを貯めましょう。

私がイオンカードを作ったきっかけ

家の近所にイオンというお店ができたことが、私とイオンカードとの関係のきっかけでした。それまでにもイオンカードの存在はCMやネット広告で目にして認識してはいたのですが、近場にイオンがなかったので、どうにも必要性を感じなかったのです。

 

イオンの買い物でなくても、イオンカードはクレジットカードとして対応のお店で使用できることは理解していたものの、還元率が特別高いわけではなかったので魅力には思いませんでした。

 

そんな冷めた気持ちがイオンの登場で、180度変わったのです。なにせイオンでの買い物ならお客様感謝デーで支払いそのものが5パーセントオフ、優待パスポートも活用でき、電子マネーで便利にポイントを貯められてるときていますから、これは利用しない手もないというものです。年会費がかからないというのも、利用してみようかなと思えた一因でした。

 

そうしてイオンでの買い物に日常的に使ってみると、やはりイオンカードは便利なカードだなとわかります。食料品では、イオンカードでの購入で一気に何十ポイントとつく商品が地味にあったりしますし、その他にもイオンでの買い物が楽しくなる特典がたくさん見られるのが嬉しいです。イオンカードを作ってから、日用品から洋服から多くの物をイオンで購入するようになりました。

 

ただイオンの中から出ると、他に魅力的なクレジットカードがたくさんあるので、それほど使う気にはなれません。イオンカードはイオンでの買い物を良くする人だけに、メリットの多いカードだと感じます。

やっぱりクレジットカード還元率で選ぶならあのカード

クレジットカードの還元率の良さでもおすすめのクレジットカード、それがCMでおなじみの楽天カードです。

この楽天カードのポイント還元率は、なんと1%です。
パーセンテージで言われてもよく分からないという方に説明すると、ポイント還元率が1%というのは100円に1つき1ポイント貯まるということです。
他のクレジットカード会社のポイント還元率と比べてみても、この数字はとても大きいです。
他社の場合0.1%~0.5%というのが普通ですが、0.5%であっても多いくらいです。

 

また、楽天カードのポイントというのは普通のポイントではなく、楽天ポイントが付くということがメリットなのです。
特に楽天市場で購入されている方、したことがある方というのはたくさんいるでしょう。
そこで使用できるポイントが楽天カードの利用ごとに得られ、新たな楽天市場でのショッピングでお金としてつかうことができるのでおすすめです。

 

しかも、ポイント加算率が高くなる期間が年に何度もあります。
そんな時に、楽天カードを持っている人は楽天カードを使って支払うことでポイントが2倍になったりしますし、楽天会員ランクが上がることで楽天ポイントが普通の人よりも多くつくというメリットがあり、ポイント還元率の面だけでなく、ポイントがたまりやすい、そしてポイントが使いやすいクレジットカードとして楽天カードは大変おすすめです。

 

年会費無料なので、無駄な出費もありません。

楽天競馬ってなに?詳しくご紹介!

馬券購入にもさまざまな方法が出てきましたね。

そのなかでもインターネットさえつながれば日本全国、どこの競馬場の馬券も購入できるシステムのひとつに「楽天競馬」があります。今回はこの楽天競馬について詳しくご紹介したいと思います。

 

まず楽天競馬のサービスについてです。

その最大の特徴は先にも述べましたが「家にいながらネットで全国どの競馬場の馬券も購入できる」という点です。さらに競馬場だけでなくばんえい競馬まで網羅しているところは特筆すべき点ですね。

 

また楽天ならではのサービスは必見です。

楽天競馬を利用すると「楽天ポイント」が貯まり、ショッピングなどで利用することができます。

 

対象地区の馬券やダートグレード競走の馬券を購入すると総購入額の1%が期間限定の楽天ポイントとして付与されるといったものです。

これに加え、日替わりや期間限定でポイント還元率がUPするキャンペーンが開催されていることも多く、条件に当てはまればよりポイントが貯まりやすくなります。

 

ポイントだけでなくさまざまな地方の特産品や記念品のプレゼントキャンペーンも紹介されており、競馬ファンには嬉しいサービスとなっています。

 

通常の購入方法は、サイト上でログインし、画面の説明に従って出走馬・式目の選択と収支計算、投票内容の確認をすれば完了とシンプルで使いやすくなっています。

オッズ式やシングル投票、予想印での投票方法を選ぶこともできますよ。

 

競馬を楽しむプラスお得感もあるので楽天競馬は便利なサービスかと思います。