リクルートカードの特徴は?

数あるクレジットカードの中でも、ちょっとカードに詳しい人からは還元率の高さで有名なクレジットカードがあるんですが、ご存知ですか?

 

それは、リクルートカードです。国際ブランドは三菱UFJニコス株式会社が発行するVISA・Mastercardと株式会社JCBが発行するJCBがあり、いずれも年会費は無料です。家族カードも年会費無料で作れるほか、旅行傷害保険が海外の場合最高2,000万円、国内の場合最高1,000万円、ショッピング保険が海外・国内ともに200万円付いています。

 

でも一番のポイントは、何といってもポイント還元率が1.2%ということ。年会費無料のカードはほかにもありますが、リクルートカードはちょっと上をいっているのでポイントがとても貯まりやすいんです。

 

リクルートカードは、じゃらん・ポンパレ・ホットペッパービューティー・ホットペッパーグルメなどのほか、携帯や光熱費などの公共料金の支払いをカード払いにしてもポイントの還元が受けられ、しかも貯めたリクルートポイントはPontaポイントとの交換が可能になっており、ポイントの使い道がとても広いんです。

 

カードの使い過ぎが心配だという人には限度額設定の利用もできますし、キャッシング機能が必要ないならキャッシングなしを選ぶことも可能と、至れり尽くせりのカード。デメリットがあるとすれば、リクルートのサイト利用の少ない人にとってはいくら高還元率とは言ってもあまりメリットがないということくらいでしょうか。

 

逆に言えば、リクルートのサイトを頻繁に利用する人には最適のカードとも言えるわけで、そういう人にはぜひ選択肢のひとつに入れてもらいたいカードです。